そりゃFIREしたいけど、なんかね。

2021年7月9日

 

最近みんながみんなFIREを叫ぶようになっているように感じる。

僕もFIREしたいかと聞かれたら、それはしたいけどもさ。

70歳とか75歳まで、働き詰める自信はあるかと聞かれたら、そこまで働けるのか不安だね。

できれば65歳位で仕事を引退できるようにはなりたい。

本当は60歳で定年できたら最高だ。

 

でも30台とか40台は働き盛りじゃないか。さすがに若すぎるんじゃないのかな。

働けるうちは働いて世の中に貢献していかないといけないんじゃないのかな。

 

あ、仕事をやめて育児に専念するというのなら良いと思う。

むしろ本来そうあるべきだし、子どもをしっかりと育てることは重要な責務だ。

子どもを育てるのは大変な仕事だし、立派な社会貢献になる。

それか、仕事引退して地域のボランティア活動を積極的にやるとか、そういうのならそれはそれで大いに結構だ。ぜひ頑張って欲しい。

 

でももし老若男女みんなが全員FIREしたらどうなるのか。

誰も働く人がいなくなったらどうなるだろう。

働ける人は働く。

社会貢献できる人は社会貢献する。

これって本来当たり前の話だと思うんだけどな。

 

子どものうちは親に面倒見てもらって一人前になる。

一人前の大人になって子どもを育てる。

そして老化して働けなくなった親の面倒も見る。

こういったことを社会ぐるみで行って支え合って生きている。

 

でも自分はもう働くの嫌だと言って、働けるのに若くして仕事をやめたいと言う。

仕事やめて好きなことして遊んで暮らしたいって人を見かける。

そういうことなら、とても不健全だ。

 

自分だけ楽になれば、自分たち家族だけ良ければそれでいいという考えは間違っていると思う。

それって単なるイチ抜けた、じゃないのかな。嫌なことからイチ抜けた。

 

でもそんな風に思う気持ちも分かる。

みんなが仕事やめたがってる社会というのは、普通じゃないよ。

こんなに仕事が楽しくない、辛いのはなぜなのか。

昔から日本はこんなに仕事って辛かったのかな。

そんなんじゃなかったんじゃないかと思うんだけどなぁ。

-04.お金のこと

Copyright© ゆう×独り言つ×たまに資産運用 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.