民主主義の欺瞞

2021年7月8日

ゆう(@yu_kabu_life)です。

 

【民主主義とは】

人民が主権を持ち、自らの手で、自らのために政治を行う立場。人民が自らの自由と平等を保障する行き方。

 

民主主義っていう思想そのものは良いんだけど、どうしようもなく操りやすくてダメだ。

政治は多数派の仕組みだから、どうしても多数の意見が通る。

 

それはそうあるべきだと思う。それが正しい。

なぜなら政治とは多数派の幸福を追い求めることだからね。

 

でもその多数の人間が、いとも簡単に思考を誘導されてしまうこと。

これこそが問題だと思う。

 

長い何月をかけて思考誘導されたそれは、もはや洗脳となっている。

そういった人々が多数派であって、多数派の幸福を実現することを是とするならば、一見それでも良さそうだ。

 

でも、それはあくまで正しい判断を下す為に必要な情報が提供されて、それを正しい判断するための知識なり知恵を持っている場合だ。

それがなされていないから、正しい判断がなされないんだも思う。

むしろ意図的にミスリードされている。

 

若い世代が頼りだと思うんだよね。

プッシュ型の情報に捉われず、自ら必要な情報を取りに行くことのできる情報リテラシーを持った若い世代が。

でもその肝心の若い世代、彼らの政治参加率が低すぎる。

政治に関心がないんだよなぁ。

長年の洗脳の賜物だよ。

牧場で飼われている動物は、自分が何者かによって利用されて搾取されているとは露も知らず過ごしている。

それと似たようなもんだよ。

 

何も知らないならそれはそれで幸せかもしれないけど、そんなことで良い訳がない。

もっと多くの国民が目覚めなければ。

無限列車編で幸せな夢の世界が描かれていたけど、そんな漫画のようなことが現実に起きてるんだよね。

ずっと東京裁判史観に囚われたまんまだよ。

そろそろ日本人は夢から覚めないといけないよ。

祖先から託された想いをすっかり忘れ去ってしまってることに気づかないと。

-01.日本のこと

Copyright© ゆう×独り言つ×たまに資産運用 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.