住宅ローンがあるのに株式投資するのってどうなの?

2021年6月15日

ゆう(@yu_kabu_life)です。

ブログ名はやっぱり「ゆう×独り言つ×たまに資産運用」に変えてみた。

ブログやめるやめる詐欺を働いてしまったし。

基本的に自分の言いたいこととか日常のこととか呟く場になります。

何の変哲もないことばかりで普通につまらないと思うけど許してね。

これからは読者様のためじゃなく、自分のためのブログにするので。口調も変えるよ。

さて、統計局の家計調査によると全世帯のうち8割くらいが持ち家だそう。

多くの家庭では遅かれ早かれそのうち家を買うことになるってことだね。

 

日本人って現金主義が強いから、貯めてた現金を家買うときの頭金にガッと入れてローンを減らしたり、買ってからも頑張って前倒し返済して行く人、多いよね。

 

じゃあその現金をローン返済に回さないで株式投資してしまうのはどうなのか?

 

もしかすると資産運用の経験がない人は、そんなこと考えつきもしないかもしれない。

株式投資してる人の中でも、ローン返済を優先すべきという考え方の人もいる。

でも、そういう人って比較的リスクの高い投資をしてるから、そう考えるんじゃないかな?

 

僕は全然アリだと思う。むしろ俄然やるべきでしょ。

だって今の住宅ローン金利は1%未満だよ。

住宅ローン金利の歴史を振り返ってみても、こんな低い金利は滅多にない。

ここでこの金利を利用しないなんて勿体ないよ。

 

「だってローン返せなくなったらどうするの?」という心配があるよね。

なるほど、でもリスクをとらないとリターンは得られないよ。

この程度のリスクはとるべきリスクだと思うな。

1%の金利で借りて、かなり安全に運用して年率3%の運用益だったとしても、2%の利益が出るわけなんだ。

もちろんリスクの高い投資に使っちゃダメだよ。下手すると大損しちゃうからね。

-10.マイホーム・賃貸・持ち家

Copyright© ゆう×独り言つ×たまに資産運用 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.