【36ヵ月目】運用実績公開│SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ

ゆう(@yu_kabu_life)です。

2018年1月24日に「SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ」を運用開始してから現在までの当ポートフォリオの運用状況をご紹介します。

2021年1月29日時点、当ポートフォリオの時価評価額は$206,278(2,166万円)になっています。

SPXLリスクコントロール・ポートフォリオとは

「SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ」は、弊ブログで考案し提唱するポートフォリオになります。

SPXLとキャッシュ(現金)で構成するポートフォリオで、簡単な運用方法でS&P500指数よりハイリターンかつSPXLよりローリスクの運用成果を期待できることが特徴です。

当ポートフォリオの概要は以下の記事をご覧ください。

SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ│SPXL投資の新しいカタチ

ゆう(@yu_kabu_life)です。 「安定してS&P500より大きなリターンを得たい」「SPXLはリターンも凄いけど値動きも激しくて不安」「SPXLのリスクとリターンを調整できれば良いの ...

続きを見る

メモ

SPXL(DirexionデイリーS&P500ブル3倍 ETF)とは、米国市場の主要指数であるS&P500指数の日々の値動きの300%のパフォーマンスとなる投資成果を目指したレバレッジETFです。

【運用実績】SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ

図1は当ポートフォリオが完成した2018年1月24日からの投資元本に対する損益率の推移を示しています。

(図1)投資元本に対する損益率の推移

比較条件

  • 比較対象には「SPXL」とS&P500種指数連動の「IVV」を採用
  • 投資元本に対する損益率の推移を比較する(トータルリターンではない)
  • 配当再投資、売買に伴う手数料、譲渡税を含む
  • 追加投資又は売却した場合は、比較対象のIVVとSPXLも同額を追加投資又は売却する(常に投資元本は同額)

表1は、過去に記録した最大ドローダウンとリターンと損益率増減です。

(表1)最大ドローダウン・リターン・損益率

具体的な評価額と損益額は以下のとおりです。

(表2)評価額・損益額

リバランスと追加投資による売買実績

リバランスと追加投資による売買実績と、リバランスによるリターン押し上げ効果をご紹介します。

リバランスと追加投資による売買実績

図2は当ポートフォリオのリバランスと追加投資の実績をグラフにプロットしています。

(図2)リバランスと追加投資による売買実績

2021年は以下のように投資していこうと思っていましたので、1月分のリバランスのタイミングに合わせて3,333ドル(35万円)を元本に追加しました。

<2021年の投資方針>
・今のポートフォリオはこのまま運用継続していく(現金化はしない)
・2021年1月~2022年12月にかけて、最大900万円を目標に資金投下する
・内訳はジュニアNISA口座でSPXL80万円、特定口座でSPXL370万円、現金で450万円
・1ヵ月あたり35万円として、ドルコスト平均法で投下する
・資金投下先は、SPXLリスクコントロール・ポートフォリオとする
・資金投下のタイミングは、毎月末のリバランス実施に合わせる
・ただし、買い場と判断すれば残額を前倒して積極的に投下していく

その結果、1月分のリバランスとしては、1/29にSPXLを1,849ドル分(26株×71.1ドル)購入することになりました。

ご参考までに最近の売買実績一覧を掲載しておきます。

(表3)売買実績

当ポートフォリオのリバランスルールは、こちらの記事「SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ│SPXL投資の新しいカタチ」に書いてあります。

リバランスの具体的なやり方は以下の記事で解説していますので、よろしければご覧ください。

【リバランス編】SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ

ゆう(@yu_kabu_life)です。 「初心者でも簡単な株投資を知りたい」「S&P500を安定して上回りたい」←こんな人に参考になる記事です。 僕は米国株投資家ですが、実際に、この方法で儲 ...

続きを見る

さて、当ポートフォリオの運用に関しては想定通り推移していますので、安心して眺めています。

ポートフォリオの運用とは関係ない話で恐縮ですけれど、それよりも僕の関心ごととしては、トランプ氏が大統領職を辞してバイデン氏が大統領という結果になったことです。

事実はトランプ氏が8000万票、バイデン氏が5000万票くらいで、トランプ氏圧勝だったのだろうと推測してましたし、最後まで米大統領選挙の結果らしきものが覆ることを期待していましたが、非常に残念です。

あからさまな大規模な不正選挙だったにも関わらず、捜査がされない、FRBが動かない。裁判にならない、裁判所が動かない。

不正を訴える米国民のSNSアカウントは次々と停止され、トランプ氏を支持する者には声をあげることを許さない。言論の自由を許さない。

単なる民間企業が、現職大統領のSNSアカウントを凍結してしまう。トランプ氏を支持した議員には資金援助を打ち切る。

現職の大統領が暴力によって引きずり降ろされる様を、米国の民主主義がここまで崩壊しているのかと、全世界がまざまざと見せつけられた事件だったと思います。

トランプ氏と安倍氏のターンは一旦終了した訳ですけれど、何が米国を支配しているのか、どこまで影響力があるのか、それを米国民と世界が知ったことは大きいと思います。

残念な結果にはなりましたけれど、次の機運を期待したいと思います。

ブログ村ランキングに参加しています。記事の一番下の「米国株ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑ぜひ応援ポチお願いします

↑Twitterで更新情報お届けします
リンクフリー
↑当ブログはリンクフリーです

-1-ポートフォリオ、保有銘柄

Copyright© ゆう×米国株投資×ライフプラン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.