【35ヵ月目】運用資産状況│2020年振り返りと2021年の投資について

2020年12月31日

ゆう(@yu_kabu_life)です。

本格的に米国株投資を始めた2018年1月24日から現時点までの運用状況になります。

前回から6ヵ月ぶりの運用資産公開になります。12月30時点、マイポートフォリオの時価評価額は$273,153(2,821万円)になりました。

【トータルリターン】マイポートフォリオ vs 全世界株式 vs 全米株式

図1は2018年1月25日を基準としたトータルリターンの推移を示しています。

(図1)トータルリターン比較

期間ごとのトータルリターンは表1の通りです。

(表1)トータルリターン比較

2020年の年間のトータルリターンとしては、マイポートフォリオが+16.3%ということで、全世界株式には若干アウトパフォームしましたが、全米株式にはアンダーパフォームとなりました。

ほぼ市場平均並みな訳ですけれど、自分としては新型コロナショックの難しい相場の中では上々の成果だったのではないかなと満足しています。

2018年から約3年間のトータルリターンで比較すると、全世界株式より10.4%上回り、全米株式には2.9%下回っています。ようやく個別株で出した損失を穴埋めして全米株式に追いついてきました。

もう当面のところ個別株には手を出す気はありませんので、このまましっかりと運用していって市場平均を超えていきたいと思います。

マイポートフォリオと保有銘柄ごとの評価損益

マイポートフォリオと保有銘柄ごとの評価損益になります。

(図2)マイポートフォリオ

ポートフォリオの過半は弊ブログの提唱する「SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ」で構成しています。SPXLリスクコントロール・ポートフォリオは、こちらの記事でご覧いただけます。

SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ│SPXL投資の新しいカタチ

ゆう(@yu_kabu_life)です。 「安定してS&P500より大きなリターンを得たい」「SPXLはリターンも凄いけど値動きも激しくて不安」「SPXLのリスクとリターンを調整できれば良いの ...

続きを見る

表2は銘柄ごとの評価損益です。

(表2)評価損益

振り返りと今後について

マイポートフォリオの時価評価額は$273,153(2,821万円)になりました。これとは別に投資用に寝かせている現金が9万ドルほどありますので、運用資産全体ということで言うと36万ドルほどになりますね。

2020年1年間の損益としては+$36,757(380万円)、2018年1月から約3年間の損益としては+$61,254(633万円)のプラスとなっています。

僕のライフプランで目標にしているものよりも高い収益をあげることができていますので、この調子でライフプランの実現を目指していきたいと思います。

新型コロナショックで波乱の展開となっていましたので手元の現金を投下せずに確保していましたけれど、そろそろ相場が落ち着いてきましたので2021年は動いていきたいですね。

<2021年の投資方針>
・今のポートフォリオはこのまま運用継続していく(現金化はしない)
・2021年1月~2022年12月にかけて、最大900万円を目標に資金投下する
・内訳はジュニアNISA口座でSPXL80万円、特定口座でSPXL370万円、現金で450万円
・1ヵ月あたり75万円として、ドルコスト平均法で投下する
・資金投下先は、SPXLリスクコントロール・ポートフォリオとする
・資金投下のタイミングは、毎月末のリバランス実施に合わせる
・ただし、買い場と判断すれば残額を前倒して積極的に投下していく

来年ものんびり更新していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ブログ村ランキングに参加しています。記事の一番下の「米国株ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑ぜひ応援ポチお願いします

↑Twitterで更新情報お届けします
リンクフリー
↑当ブログはリンクフリーです

-Ⅳ.米国株・米国ETF

Copyright© ゆう×米国株投資×ライフプラン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.