東日本大震災から8年、震災の記憶と今、教訓としなければならないこと

投稿日:2019年3月11日 更新日:

ゆう(@yu_kabu_life)です。

今から8年前の2011年3月11日(金)14時46分、宮城県沖130kmの海底を震源とする東日本大震災が発生しました。

地震の規模はマグニチュード9.0、最大震度7もの大地震でした。東北地方では地震直後に次々と津波が押し寄せ、場所によっては最大遡上高(海岸から内陸へかけ上がるときの高さ)40.1mにも上りました。

岩手県、宮城県、福島県を中心に2万2131人(死者1万5897人、行方不明者2533人、震災関連死3701人)もの犠牲者が出た日本史上最大級の災害でした。

8年が経過した今でも2533人ものご遺体が見つかっていないということです。警察による捜索は今もなお継続されていて、残されたご遺族の方々は今も帰りを待ち望んでいます。

中には行方不明になった奥様を連れて帰ってあげたいと、潜水士の資格を取得して310回以上も海に潜っている方がいらっしゃいます。その心境を察するに胸が張り裂けそうになりますね。

本当に痛ましい出来事です。震災に合われた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

一方で、震災を逃れた方々も命だけは助かったものの、自宅や家財など全ての生活基盤を奪われました。

震災直後に建設された仮設住宅の入居者数は、被災から1年後のピークで11万6565人に達しましたが、8年もの歳月が経過した今もなお3418人(19年1月時点)もの方々が、いまだに仮設住宅に住まわれています。いかに生活再建が難しいかということです。

そもそも未曾有の被災者が発生してしまった根本的な原因を振り返ってみれば、東日本大震災の巨大地震は日本三代実録に記されている1100年前の平安時代869年に起きた貞観地震と同規模、つまり1000年に一度の規模である巨大災害でした。過去100年に発生した災害規模を想定した防災対策は施していましたが、これほどの大地震・巨大津波を想定していませんでした。

しかし、1000年に一度だからといって、これからしばらく起きないとは限りません。加えて人生100年時代を迎えた今では10人生きれば1000年です。10人に1人は遭遇する可能性があると考えれば、自分や子どもたちが遭遇する可能性は十二分にあり得ます。

下図は過去に発生した大災害の死因です。

東日本大震災では溺死、関東大震災では火災、阪神・淡路大震災では建物倒壊がそれぞれ大半を占めています。

下図は防災に関するアンケート結果です。

例えば、東日本大震災では巨大津波が押し寄せる前に迅速に避難場所となっている高台へ避難した人々の多くが助かりました。

そのためには常日頃から避難場所を把握しておくこと、家族間で災害時の行動を話し合っておくこと、積極的に防災訓練に参加することなどの対策が挙げられます。洪水が想定される地域に住むのであれば、戸建てやマンションの低層階ではなく、マンションの高層階に住むといったことも有効です。

阪神・淡路大震災では、家じゅうの家具が飛び跳ねる中で、下敷きになったり大けがをして失われた命が沢山ありました。1000円~2000円程度で購入できる突っ張り棒や粘着剤で家具を固定することが対策として挙げられます。

事前に災害リスクに備えて対策しておくことで、被害を回避または最小化することが重要ということです。

そして、無事に生き延びたとしても生活基盤を失ってしまえば一家で露頭に迷うことになります。そうならないためには地域のリスクに見合った保険に入っておくことが必要です。

中でも地震保険は入っておくことはお勧めできます。日本は地震大国です。実は地震保険というものは国民のために国が用意している側面があり、巨大地震発生時には政府が保険責任を分担する官民一体の仕組みになっています。

ただし、地震保険は「被災後の当面をしのぐこと」が目的になっていますので、補償範囲は火災保険金額の50%が限度です。このため、過去の大規模災害の経験から100%補償して欲しいというニーズが高まり、追加保険料を支払えば上乗せ補償してもらえる商品も開発されています。

損保ジャパン日本興亜や東京海上日動など各保険会社で用意されていますので、地域の特性によって検討されると良いと思います。僕は自分がポックリいくだけなら構いませんが、残される家族のことも考えれば想定されるリスクに備えることは最低限の必要経費だと考えています。

あの震災から8年、僕たちは記憶を風化させてならないと同時に、教訓を後世に伝えていく義務があります。

こんな記事も書いてます

生活防衛資金はいくら必要?ライフプランで明確になる生活防衛資金とは

ゆう(@yu_kabu_life)です。 今回は資産運用を考えるにあたって重要となる「生活防衛資金」について、我が家の実例を交えながらお伝えしていきます。 いきなり生活防衛資金と言われても、「はてな? ...

続きを見る

家計簿より年間収支が重要!年間収支表テンプレート無料ダウンロード

ゆう(@yu_kabu_life)です。 「家計の年間収支なんて分からないけど?」「将来に備えたいけど何から始めれば良いの?」「FPに相談してみようかな」←こんな人に参考になる記事です。 こちらは「F ...

続きを見る

株初心者ブログ│長期保有のすすめ→株初心者が安定的にお金を増やす方法

ゆう(@yu_kabu_life)です。 誰でも安全にお金を増やす方法なんて、あるのでしょうか? 答えは「はい、ある程度安定的に増やす方法があります」です。今回は、その方法の一つである「長期保有」につ ...

続きを見る

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑ぜひ応援ポチお願いします

↑Twitterで更新情報お届けします
リンクフリー
↑当ブログはリンクフリーです

-99.生活のヒント
-,

Copyright© ゆう×米国株投資×ライフプラン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.