あなたは大丈夫?「NISA」→「つみたてNISA」へ切り替えは年内中に!

投稿日:2018年11月19日 更新日:

ゆう(@yu_kabu_life)です。

皆さんNISA枠をちゃんと使っていますか?

もしも、まだNISA枠を使っていないのでしたら有効活用しましょう。せっかく国が用意してくれた節税制度なのですから使わない手はありません。

「NISA」と「つみたてNISA」の概要

さて、改めて基本的な制度概要を表にまとめてみました。

NISAつみたてNISA
非課税投資枠新規投資額で毎年120万円が上限
(非課税投資枠は最大600万円)
新規投資額で毎年40万円が上限
(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間最長5年間最長20年間
投資可能期間2014年~2023年2018年~2037年

NISAって何だろう?という方は、こちらの金融庁の特設サイトで分かりやすく解説していますので、ご覧ください。

<金融庁>https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/index.html

 

さて、「NISA」の知名度に比べて、まだ「つみたてNISA」はあまり広まっていないように思います。

ご存知のとおり、「NISA」には「ロールオーバー」という素晴らしい制度があります。例えば、2014年に120万円投資して5年後に150万円になっていたら、150万円満額を2019年のNISA枠へ移管できるというすぐれもの。このロールオーバーはNISA制度の目玉の一つです。

ところが2019年は要注意なのです。NISAの投資可能期間は2023年までになっていますので、2019年にNISA枠で投資してもロールオーバーすることができません。

【比較】「NISA」より「つみたてNISA」が良い

ロールオーバーできないとなると「NISA」の魅力が一気になくなっていきますので、インデックス投信などに長期投資するのであれば、「NISA」→「つみたてNISA」に切り替えた方がオトクだと思います。

下の表は、非課税枠を「NISA」と「つみたてNISA」それぞれ上限まで投資して、年5%のリターンを得られた場合の推移を表したものです。

NISAつみたてNISA
元手120万円40万円
1年目126万円42万円
2年目132万円44万円
3年目139万円46万円
4年目146万円49万円
5年目153万円51万円
6年目54万円
7年目56万円
8年目59万円
9年目62万円
10年目65万円
11年目68万円
12年目72万円
13年目75万円
14年目79万円
15年目83万円
16年目87万円
17年目92万円
18年目96万円
19年目101万円
20年目106万円
利益33万円66万円

「NISA」の利益は33万円なのに対して、「つみたてNISA」の利益は66万円です。差額33万円の税率20%ですので、節税効果が6.6万円も差がつくことになります。2019年~2023年の5年間となると、「6.6万円×5年=33万円」節税効果に差が出ますね。

また、下表のように投資期間が長くなるほどプラスのリターンに収束していくことが知られていますので、より長期投資が可能な「つみたてNISA」の方が相場環境に影響を受けにくく利益を得られる可能性が高いと考えられます。

ポイント

つみたてNISAへの切り替えはお早めに

「NISA」→「つみたてNISA」への変更は年内に終わらせておかないといけません。すでに変更受付期間が始まっていますので、変更しようと思っている方はお忘れなく。簡単な書類にサインして送るだけで変更できます。

こんな記事も書いてます。

ジュニアNISAの裏技をこっそりお伝えします。

SBI証券ジュニアNISA裏技│SPXL長期投資の最適解をこっそり教えます

ゆう(@yu_kabu_life)です。 お子さんをお持ちの方、「ジュニアNISA」の枠をちゃんと使っていますか? 僕は実際にSBI証券でジュニアNISAの裏技を120%活用しています。そんな僕から、 ...

続きを見る

米国株投資で資産形成を始める時に最適な証券会社選びを解説しています。

米国株証券会社ランキング│米国株ブロガーが本音で徹底比較する

ゆうです。 「本気で資産運用を始めたい」「本音のおすすめ証券会社を知りたい」「米国株やETFで資産運用したい」←こんな人に参考になる記事です。 僕は将来に備えて米国株を中心に2,000万円以上を資産運 ...

続きを見る

弊ブログの提唱する「SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ」は、S&P500指数を上回るハイリターンを期待できます。実際に運用実績も毎月公開していますので、ぜひご覧ください。

SPXLリスクコントロール・ポートフォリオ│SPXL投資の新しいカタチ

ゆう(@yu_kabu_life)です。 「安定してS&P500より大きなリターンを得たい」「SPXLはリターンも凄いけど値動きも激しくて不安」「SPXLのリスクとリターンを調整できれば良いの ...

続きを見る

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑ぜひ応援ポチお願いします

↑Twitterで更新情報お届けします
リンクフリー
↑当ブログはリンクフリーです

-02.NISA(節税制度)
-, ,

Copyright© ゆう×米国株投資×ライフプラン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.